2011年01月17日

満月の夕



阪神・淡路大震災から16年が経ちました。
何年経っても1月17日は特別な日で、当時の映像や写真を見ると郷土愛が高まります。

『満月の夕』は“SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT”として避難所を回って慰問ライブを行っていたSOUL FLOWER UNIONの中川敬さんがHEATWAVEの山口洋さんとの共作メロディーを元に作った曲です。
SOUL FLOWER UNION版は沖縄民謡風で、HEATWAVE版はロックバラード調で歌詞も少し違います。
山口さんが自身の住む東京から見た被災地への思いを加えたそうです。

この曲は様々なアーティストにカバーされ、上に貼り付けたのはソウルフルな酒井俊さんのバージョンです。
SOUL FLOWER UNION版もHEATWAVE版も好きですが、酒井さんのは凄く心に響きます。


当日満月だったのは覚えていません。
しかし、夜が明けて変わり果てた町並に驚きながら瓦礫の上を歩き、近所の人に履物を借りて道に立っていると雪がパラパラ降って来たのを覚えています。
そして、時が止まっているかのように一日が長く感じました。
僕の地域は幸いにも火災はありませんでした。
火災や津波があったり、時間帯がずれていたら今こうしてここに居る可能性は随分低いと思います。


Yahoo!ニュースの震災から16年のニュースのコメント欄にやはり被災者の感情を逆撫でするコメントが何個かありましたが、顔や名前が見えないといってもそういうことを平気で書き込む神経が理解できないし、震災で罪の無い大勢の人の命が奪われた一方でそんな馬鹿がのうのうと生きられていることに腹が立ちます。
被災地に来て人々の前で同じことを言える勇気はあるのでしょうか?
もし自分が近くに居たら一瞬で戦闘態勢に入りそうです。
posted by AZZURRO at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。