2011年03月16日

インテルが劣勢を跳ね返してベスト8進出

UEFAチャンピオンズリーグ 決勝T1回戦 第2戦
バイエルン 2−3 インテル
得点
バイエルン:ゴメス(21分)、ミュラー(31分)
インテル:エトー(4分)、スナイデル(63分)、パンデフ(88分)

GK:セザール
DF:マイコン、ルシオ、ラノッキア、キヴ(87分→長友)
MF:スタンコビッチ(51分→コウチーニョ)、モッタ、カンビアッソ、スナイデル
FW:パンデフ(90分→カルジャ)、エトー

モッタとカンビアッソが戻って来ましたが、サネッティがインフルエンザで欠場し、ミリートも結局ベンチ入りしませんでした。

この前のセリエAの試合と同じく両チームが腕に喪章を巻き、キックオフ前には東日本大震災の犠牲者に黙祷とうが捧げられました。
今週行われる全ての男子のCL&ELと女子のCLで黙祷が捧げられるそうです。


4分にエトーがパンデフからのスルーパスにオフサイドギリギリで抜け出し、クラフトの股の間を通して先制点を挙げました。
しかし、21分にペナルティエリアの外からのロッベンのシュートをセザールがキャッチし損ねて弾いたのをまたゴメスにゴールに決められると、31分にはロッベンのパスにモッタが足を出して触るも裏に飛び出そうとしたミュラーにナイスパスとなって逆転され、合計スコアは1−3と難しくなりました。
35分にカウンターを受けてセザールとリベリが1対1になりましたが、ここはセザールのビッグセーブで大ピンチを逃れました。
それから、40分にリベリのクロスをゴメスに合わされ、無人のゴールに転がって行ったボールをギリギリでミュラーより先にラノッキアがスライディングで触り、それが押し込もうとスライディングして来たミュラーの足の裏に当たったものの飛んだ方向がゴールの中ではなくポストで助かりました。


いつ3点目を取られてもおかしくない中、63分にコウチーニョからパスを受けたエトーがペナルティエリアの外にちょこっと戻したボールをスナイデルがシュートし、ゴールの左隅に決めて2−2(合計スコア2−3)としました。
ケガがあったのか68分にはバイエルンがロッベンを下げ、インテルに行けそうな雰囲気が出て来ました。
87分に長友がCLデビューしました。
そして、88分にスナイデルからのロングボールがバウンドしたところをブレーノと競り合ったエトーが身体を入れてペナルティエリアでボールをキープし(長友もオーバーラップしてゴール前に入っていました)、エトーのパスに走り込んだパンデフが値千金のゴールを決めて3−2(合計スコア3−3)とし、アウェーゴールによりまたイタリア勢ではインテルだけ準々決勝に進みました。
なお、準々決勝の第1戦はルシオが累積で出場停止となります。

これまでバイエルンがUEFAの大会の第1戦で勝った試合は20試合あり(第1戦で1−0は5試合)、その全てで次に勝ち上がっていたそうです。
それを今回、「守備ばかりで攻撃的な選手&怖い選手がいない」(by第1戦の前のバイエルンの監督と2選手)というインテルが覆しました。
何とインテルの枠内シュートは3でした。
この勝ち抜けはインテリスタとしてはもちろん、日本人としても、元イングランド代表ファン(ドイツと対戦して酷い目に遭った南アフリカW杯以降休憩中)としてもすごく嬉しいです。


インテル、終盤のゴールで劇的な逆転突破(UEFA.com)

劇的勝利に大喜びのカンビアッソ(Goal.com)

レオナルド:「ハート、勇気、意欲の勝利」(Goal.com)

長友:「心は一つ みんなで乗り切ろう!」(Goal.com)

モラッティ:「モウリーニョも喜んでくれた」(Goal.com)

安堵のJ・セーザル 「この重荷はキツかった」(Goal.com)

決勝ゴールで喜び爆発のパンデフ(Goal.com)
posted by AZZURRO at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【サッカー】スナイデル、ロッベンにブーイングのバイエルンサポを批判「もし僕次第なら、彼はインテルに移籍するよ」
Excerpt: 1 :◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/05/23(水) 23:06:42.18 ID:???0 2012年05月23日16時42分提供:Goal.comインテルMFヴェ..
Weblog: 【豆β】芸スポ速報+
Tracked: 2012-05-24 14:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。