2011年05月01日

後半ロスタイムにパッツィーニが同点&逆転決勝弾

セリエA 第35節
チェゼーナ 1−2 インテル
得点
チェゼーナ:ブダン(56分)
インテル:パッツィーニ(90+1分、90+5分)

GK:カステラッツィ
DF:マイコン、ルシオ、ラノッキア、長友
MF:サネッティ、カンビアッソ、パンデフ(59分→パッツィーニ)、モッタ(64分→マリガ)
FW:ミリート、エトー

モッタが復帰しましたが、セザールは前節の主審の暴走によって出場停止で、スタンコビッチとスナイデルはケガで欠場しました。
チェゼーナで修行中のサントンもケガをしたみたいでベンチに入っていませんでした。


6分にチェゼーナのゴールキックからのブダンの頭でのパスが裏に抜け出して来たジャッケリーニに繋り、カステラッツィと1対1になったもののカステラッツィが出て止めました。
しかし、インテルが決定機を作れず0−0のまま迎えた56分にチェカレッリのクロスがラノッキアとルシオを越え、フリーで待っていたブダンにボレーで合わせられて先制を許しました。
ゴールが遠く、残留争いをするチーム相手にまたアウェーで敗れるのかと思われましたが、90+1分にエトーのクロスをパッツィーニがジャンプして足で合わせて同点に追い付きました。
そして、90+5分に今度はマイコンのクロスをパッツィーニが頭で合わせて土壇場での逆転劇を見せました。


チェゼーナ×インテル ハイライト(YouTube)

レオ、試合同様にタイトルも諦めず?(Goal.com)

パッツィーニ:「古巣サンプも助けられた」(Goal.com)

長友も逆転スクデットを諦めず(Goal.com)

<追記>
翌日に5位のウディネーゼが敗れ、インテルの4位以内が確定しました。
posted by AZZURRO at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【サッカー】インテル、スナイデルの2ゴールなどでウディネーゼに勝利 CL出場圏3位まで勝ち点差3! 長友5試合ぶりのフル出場
Excerpt: 1 :DJかがみんφ ★:2012/04/26(木) 00:11:21.87 ID:???0  ウディネーゼ 1−3 インテル1-0 ダニーロ(前半6分)1-1 ウェズリー・スナイデル(前半10分)1..
Weblog: 芸能スポまとめっくす
Tracked: 2012-04-26 02:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。