2012年09月17日

インテルはトリノに完封勝ち

セリエA 第3節
トリノ 0−2 インテル
得点
インテル:ミリート(13分)、カッサーノ(83分)

GK:ハンダノビッチ
DF:ジョナタン(46分→アルバレス)、ラノッキア、フアン、長友
MF:サネッティ、グアリン(81分→ガルガノ)、カンビアッソ、ペレイラ、スナイデル(66分→カッサーノ)
FW:ミリート

ハンダノビッチとアルバレスが膝の故障から復帰しました。


13分にペナルティエリアの前でのジョナタンのパスがカットされましたが、相手のワンタッチでの短いパスが中央に転がって来たところをミリートが右足を振り抜いて左隅に決めて先制しました。
15分のオグボンナのミドルシュートはハンダノビッチが横っ跳びでキャッチしました。
26分にFKでスナイデルが直接狙ったシュートは相手GKのジレにセーブされました。
65分にカウンターからメッジョリーニのクロスをビアンキにボレーで合わされたものの、ハンダノビッチが足で跳ね返しました。
直後にはオグボンナからスルーパスを受けたメッジョリーニがペナルティエリア内の右からワンタッチで打ってきたシュートは右に外れました。
そして、83分に左のアルバレスからのグラウンダーのクロスをニアのミリートがスルーし、中央でカッサーノがトラップから反転してゴールに蹴り込み、貴重な追加点を奪いました。


ラノッキア:「我々の存在感を見せつけた」(inter.it)

ストラマッチョーニ:「ピッチが答えを出すようにしたい」(inter.it)

フアン・ジェズス:「チームを称賛したい」(inter.it)

サネッティ:「今夜の勝利は一生懸命積み重ねた努力の結果」(inter.it)

アルバレス:「メディカルスタッフとフィジオセラピストに感謝」(inter.it)

ミリート:「何よりも大事なのはチームが勝つこと」(inter.it)

モラッティ:「インテリジェンスに満ちた試合運びだった」(inter.it)
posted by AZZURRO at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by アパレルの履歴書 at 2012年11月14日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。