2013年04月22日

ロッキが決勝点を挙げて連敗ストップ

セリエA 第33節
インテル 1−0 パルマ
得点
インテル:ロッキ(82分)

GK:ハンダノビッチ
DF:ジョナタン、ラノッキア、フアン、ペレイラ
MF:サネッティ、コバチッチ、クズマノビッチ、スケロット(76分→ガッリターノ)
FW:アルバレス、ロッキ(84分→キヴ)

今度はグアリンが右足のふくらはぎを痛めて欠場し、中盤から前の控えがプリマベーラ出身の若手イタリア人選手ばかりでした。


17分に左からのFKでのクロスが裏にこぼれたところをスケロットがシュートしましたが、GKのミランテに止められました。
28分のパローロのミドルシュートはハンダノビッチが横っ跳びでセーブしました。
34分にマルキオンニがペナルティエリアの外から打ってきたシュートは右に外れました。
38分にアルバレスのパスに走り込んだクズマノビッチがゴールエリアの右からグラウンダーで折り返したところにフリーでスケロットが走り込んでシュートしたものの、ベナルアンにブロックで弾かれました。
63分にロッキがコバチッチからのパスをペナルティアークでトラップして放ったボレーシュートはミランテにセーブされました。
70分にアマウリからパスを受けたサンソーネがペナルティアークの右から打ってきたシュートは右に逸れました。
76分にはビアビアニがフリーでパスを受けてペナルティエリア内の左からシュートしてきましたが、ハンダノビッチが顔で阻止しました。
すると、82分にコバチッチからパスを受けたジョナタンのペナルティエリア内の右からのグラウンダーの折り返しをフリーのロッキがシュートして決勝点となるゴールを決め、公式戦の連敗を3で止めました。

ホームで勝ったのは4試合ぶりですが、前に勝ったのは延長戦で敗れたEL決勝T2回戦のトッテナム戦だったので、ホームで勝ってそのまま試合を終えることができたのはミリートを失ったEL決勝T1回戦のCFRクルージュ戦以来となります。
リーグ戦では第24節のキエーボ戦以来のホームでの勝利です。


ロッキ:「勝利に繋がるゴールを決められて嬉しい」(inter.it)

ストラマッチョーニ:「この勢いでシーズン最後まで戦おう」(inter.it)

サネッティ:「勝つべくして勝った。これが正しい方向」(inter.it)

ガリターノ:「セリエAデビューは本当に素晴らしい感動」(inter.it)

ロッキ:「調子は上がる一方。ゴールは嬉しい」(inter.it)

ジョナタン:「ストラマッチョーニ監督に感謝」(inter.it)

モラッティ:「繰り返すが、ストラマッチョーニが続投する」(inter.it)


サネッティがキャリア通算1100試合出場を達成しました。
これはサッカー史上4番目の出場試合数で、トップはシルトンの1390試合です。
2位のR.カルロスの1127試合と3位のクレメンスの1118試合は射程圏内です。

サネッティ、1100試合出場達成で世界サッカー史に名を刻む(inter.it)
posted by AZZURRO at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。