2013年05月06日

3シーズンぶりにオールド・トラフォードで勝利

プレミアリーグ 第36節
マンチェスター・U 0−1 チェルシー
得点
チェルシー:OG(87分)

GK:チェフ
DF:アスピリクエタ、イバノビッチ、D.ルイス、コール
MF:ラミレス、ランパード、オスカル、マタ(90+1分→アケ)、モーゼス(76分→トーレス)
FW:バ

アザールはバーゼル戦でふくらはぎを痛めて欠場することになりました。


3分に右のマタからフリーのバにクロスが入りましたが、バは良い体勢でヘディングシュートを打てず枠を大きく外れました。
14分にカウンターでオスカルが自陣からドリブルして右サイドを上がり、そのままペナルティエリアの右に入ってニアに放ったシュートがリンデゴーアの手を弾くも、ポストに当たって抑えられました。
17分にユナイテッド陣内の高い位置でパスを受けたジョーンズが足を滑らせ、ラミレスがボールを拾ってペナルティエリアの前まで上がって右のマタにパスを出し、マタがペナルティアークにグラウンダーで折り返したのをモーゼスがシュートしたものの、大きく打ち上げました。
19分に左からジョーンズに鋭いクロスを入れられましたがアンデルソンには届かず、逆サイドに流れたボールを拾ったギグスのマイナスのパスに走り込んだクレバリーがペナルティアークの右から打ってきたシュートはアンデルソンに当たってチェルシーのゴールキックになりました。
28分のランパードのミドルシュートはリンデゴーアに抑えられました。
35分にカウンターからのギグスのクロスをチェフが跳ね返し、そこにクレバリーが走り込んでペナルティアークの右から打ってきたシュートは大きく上には外れました。
42分にギグスからのスルーパスをファン・ペルシにワンタッチでシュートされたものの、僅かに右に外れました。
43分にオスカルがペナルティアークの右から放ったグラウンダーのシュートは左に外れました。
44分にギグスが左足アウトサイドでクロスに合わせてきたシュートは上に外れました。
45分に右からのビディッチのクロスをファン・ペルシに頭で合わせられるも、チェフがキャッチしました。


51分にペナルティエリアの右のギリギリ外でD.ルイスがギグスに倒されたかに見えましたが、主審のウェブは流しました。
56分にアスピリクエタから中央方向への浮き球のパスを受けたマタがペナルティエリア内の右からマイナスに出したボールにランパードが走り込んで打ったシュートは上に外れました。
77分に右からのランパードのクロスにマタが走り込んでジャンプするも届きませんでした。
80分にギグスからパスを受けたラファエウにフリーでペナルティエリア内の左から折り返されたもののイバノビッチがブロックして、ボールが左ポストの外側を転がって行きました。
83分にFKでD.ルイスが直接狙ったシュートは左に外れました。
86分にD.ルイスとファン・ペルシが競り合い、最後はファン・ペルシの左足に当たってタッチラインを割ったのにユナイテッドのスローインとなり、不満を露わにしたD.ルイスがイエローカードを受けました。
オンサイドなのにオフサイドを取ってくれたラッキーなシーンもありましたが、不満の残る判定の方が多かたです。
87分に自陣でランパードのパスがカットされるもラミレスがルーニーから奪え返し、マタのスルーパスはエバンズに跳ね返されたものの、ギグスがトラップでコントロールし切れなかったところをマタがダイレクトでラミレスに送り、ペナルティアークの右まで進んだラミレスが足裏で短く後ろに戻し、最後はオスカルからパスを受けたペナルティエリア内の左のマタがファーに打ったシュートがジョーンズの左膝の内側辺りと右ポストの内側に当たってゴールに収まって先制しました。
89分にはチェルシー陣内の左のコーナー付近でD.ルイスがラファエウに後ろから蹴られ、ラファエウは一発退場になりました。
そして、チェルシーが1点を守り切り、CLの出場権獲得に向けて貴重な勝ち点3を獲得しました。

大きな勝利(chelseafc.com)
posted by AZZURRO at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。