2013年05月09日

ラツィオにも1−3

セリエA 第36節
インテル 1−3 ラツィオ
得点
インテル:アルバレス(33分)
ラツィオ:OG(22分)、エルナネス(45分+4分=PK)、オナジ(77分)

GK:ハンダノビッチ
DF:ジョナタン(31分→ベナッシ)、ラノッキア(53分→パーザ)、フアン、ペレイラ
MF:クズマノビッチ(80分→ガッリターノ)、コバチッチ、カンビアッソ、グアリン、アルバレス
FW:ロッキ


22分にカンドレーヴァのクロスにハンダノビッチが出るも触れず、ラノッキアに当たったボールがハンダノビッチにも当たって無人のゴールに転がって先制されました。
その後ジョナタンが肩を負傷して交代しました。
33分にペレイラからのクロスをアルバレスが頭で合わせて同点に追い付きました。
しかし、前半のアディショナルタイムにラノッキアがフロッカリを倒してPKを取られて再びリードされました。
53分にはラノッキアも負傷交代しました。
70分にグアリンがカナに倒されてPKを獲得したものの、アルバレスが足を滑らせてPKを外しました。
そして、76分にオナジにミドルシュートを叩き込まれて1−3で敗れ、6位以下が確定して来季は国内の大会に専念することになりました。


パーザ:「シーズン全体と同様にアンラッキーな試合だった」(inter.it)

ストラマッチョーニ:「信じられないほどの怒りが溜まっている」(inter.it)

ガリターノ:「あのシュートをセーブされたのは残念」(inter.it)

カンビアッソ:「ファンは分かってくれた」(inter.it)

フアン・ジェズス:「できる限りのことをやった」(inter.it)

モラッティ:「今後に向けて必要なのは大いなる安定感」(inter.it)
posted by AZZURRO at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。