2013年05月13日

今季初のスコアレスドロー

セリエA 第37節
ジェノア 0−0 インテル

GK:ハンダノビッチ
DF:ラノッキア(77分→スペンドルホーファー)、カンビアッソ、バーザ
MF:スケロット、クズマノビッチ、コバチッチ、長友、グアリン(83分→ベナッシ)、アルバレス(60分→カッサーノ)
FW:ロッキ

フアンとペレイラが累積による出場停止で、キヴとジョナタンはケガで招集外でしたが、長友とカッサーノが復帰しました。


6分にフローロ・フローレスが打ってきたミドルシュートはハンダノビッチがセーブしました。
11分のボリエッロのヘディングシュートにもハンダノビッチが好反応を見せて失点を防ぎました。
15分のグアリンのミドルシュートはフレイにキャッチされました。
44分のベルトラッチのミドルシュートはハンダノビッチが横っ跳びでセーブしました。
51分のバルガスのヘディングシュートもハンダノビッチが抑えました。
58分にグアリンが放ったミドルシュートはフレイにセーブされました。
70分にカッサーノの浮き球のパスが相手に当たってペナルティアークの左にこぼれたのをロッキが左足ボレーで合わせたシュートはバーに当たってマウスを越えて行き、結局0−0のまま引き分けました。


ストラマッチョーニ:「精神力の面でポジティブな試合だった」(inter.it)

パーザ:「僕たち若手は与えられた機会を生かそうと努力している」(inter.it)

スペンドルホーファー:「家族、インテル、監督に感謝」(inter.it)

ベナッシ:「僕たちは試合ごとに良くなっていく」(inter.it)

ロッキ:「クロスバー直撃のあのシュートは残念だった」(inter.it)



ところで、ユベントスの05/06シーズンの勝ち点91(不正によりスクデットは剥奪)があたかもリーグ記録のように書いている日本のニュース記事がありましたが、これまでのセリエA最多勝ち点は06/07シーズンにインテルがマークした97です。
いつになったら再び連覇時のようなインテルが見られるのやら・・・。
posted by AZZURRO at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。