2013年05月20日

インテルは今季最多の5失点でシーズンを終える

セリエA 第38節
インテル 2−5 ウディネーゼ
得点
インテル:フアン(12分)、ロッキ(63分)
ウディネーゼ:ピンツィ(1分)、ドミッツィ(10分)、ディ・ナターレ(41分)、シウバ(52分)、ムリエル(66分)

GK:ハンダノビッチ
DF:パーザ、カンビアッソ、フアン
MF:長友、クズマノビッチ(78分→ベナッシ)、コバチッチ、ペレイラ、アルバレス(55分→パラシオ)、グアリン、
FW:ロッキ(70分→スケロット)

パラシオがケガから復帰しましたが、カッサーノが右手を骨折して再び離脱しました。


開始早々に自陣のペナルティエリアの前でのフアンのパスミスからパスを繋がれてピンツィに先制点を決められました。
10分には右からのFKでのディ・ナターレのアーリークロスをニアでカンビアッソがヘディングしてファーに飛んだのをドミッツィに頭で押し込まれて追加点を取られました。
12分にCKの流れからアルバレスの強引なグラウンダーのミドルシュートにカンビアッソが足を出してゴール前のグアリンに繋がり、最後はフアンの放ったシュートがブルキッチに触られるも脇を抜けてゴールに入って1点を返しました。
しかし、41分にペナルティエリア内の右端の低い位置からディ・ナターレにファーにカーブをかけたシュートを決められて再び2点差にされました。
52分にはカウンターでのスルーパスに走り込んで来たシウバに冷静にシュートを決められて差を広げられました。
63分に左のパラシオからの低くワンバウンドするクロスにロッキが合わせて2−4としましたが、66分にアランの裏への浮き球のパスを長友とハンダノビッチで対処できずムリエルに通って無人のゴールに流し込まれて5失点目を喫して敗れ、9位でシーズンを終えました。

これで来季のコッパ・イタリアは3回戦から出場しなければならなくなりました。


ストラマッチョーニ:「精神力の面でポジティブな試合だった」(inter.it)

フアン・ジェズス:「良い再スタートを切ることに集中しよう」(inter.it)

長友:「今季のポジティブな面は多くの若手が出てきたこと」(inter.it)


今季リーグの前半戦は10勝2分け6敗でしたが、後半戦が6勝4分け10敗で最後の5試合は1分け4敗でした。
特に後半戦はケガ人も続出して地獄となり、壊れたシーズンになりましたね。
そして、9位はここ19シーズンで最低の順位です。
それから、負け越しこそ免れたものの、勝ち越せなかったのは98/99シーズン以来で、得失点差がマイナスになったのは41/42シーズン以来のようです。
這い上がるのは大変ですが、落ちるのはあっという間です。
これ以上弱体化が進んで屈辱的なマイナスの歴史ばかり作らないようにクラブの質を改善してほしいです。
posted by AZZURRO at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終節で勝利して3位でフィニッシュ

プレミアリーグ 第38節
チェルシー 2−1 エバートン
得点
チェルシー:マタ(7分)、トーレス(76分)
エバートン:ネイスミス(14分)

GK:チェフ
DF:イバノビッチ、ケイヒル、D.ルイス、コール
MF:アケ、ランパード、オスカル(88分→フェレイラ)、マタ(82分→アスピリクエタ)、トーレス
FW:バ(66分→モーゼス)

ラミレスは前節の退場により出場停止です。


4分に左サイドでオスカルからボールを奪ったフェライニがペナルティエリア内のジャギエルカに出した横パスが合わず流れたのをバが拾ってエリア内の左から左足でシュートを打ちましたが、左に浮きました。
7分にペナルティエリア内でのケイヒルのディフェンスからカウンターに移り、相手陣内のペナルティエリア内の右に入ってすぐの位置からのバのシュートをハワードが弾いたところをマタがゴールに蹴り込んで先制しました。
11分にギブソンのスルーパスに走り込んだコールマンが入れてきた低くワンバウンドしたクロスにネイスミスが合わせてきたシュートは右に外れました。
しかし、14分にベインズのスルーパスに対応したD.ルイスのトラップが大きくなってネイスミスに拾われ、アニチェベとのワンツーで抜け出されて1−1の同点に追い付かれました。
苦戦を強いられ、18分にショートコーナーからギブソンが打ってきたミドルシュートがアケの足に当って
左のポストとチェフの頭にも当たってもう一度左のポストに当たりましたが、こぼれた先にはD.ルイスが居て事なきを得ました。
21分のギブソンのミドルシュートはチェフが抑えました。
30分のアケのミドルシュートはバーの上を通過しました。
33分にギブソンのクロスをファーのミララが右足で合わせてきたもののチェフが抑えました。
34分にマタがランパードの浮き球のリターンパスに走り込んでペナルティエリア内の右からシュートするもハワードに跳ね返されました。
39分にネイスミスの横パスを受けたピーナールがペナルティアーク内の左からダイレクトで打ってきたシュートは上に外れました。
42分にアニチェベとのワンツーからピーナールにペナルティエリア内の右から打たれたシュートはニアのD.ルイスがブロックしました。
43分にオスカルのパスをトーレスがスルーし、ペナルティアークのバのヒールパスにランパードが走り込んで左足で打ったシュートは左に外れました。

続きを読む
posted by AZZURRO at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

ELを制覇して無冠を回避

UEFAヨーロッパリーグ 決勝戦
ベンフィカ 1−2 チェルシー
得点
ベンフィカ:カルドソ(68分=PK)
チェルシー:トーレス(60分)、イバノビッチ(90+3分)

GK:チェフ
DF:アスピリクエタ、ケイヒル、イバノビッチ、コール
MF:D.ルイス、ランパード、ラミレス、マタ、オスカル
FW:トーレス

アストン・ビラ戦で負傷したテリーとアザールは出場することができませんでした。
しかし、ケガ人やバもチームに帯同しました。
ミケルとマリンはベンチに戻って来ました。


序盤から主導権を握られ、ゴール前でシュートを打たれる危ない場面もありましたが、守備陣の懸命のブロックで耐えて先制されるのを阻止していました。
アザールの欠場も響いたような形でチェルシーはなかなか決定機を作れず、27分にオスカルが放ったミドルシュートはGKのアルトゥールにキャッチされ、38分のランパードのミドルシュートもアルトゥールに左手でセーブされて0−0で前半を終えました。

続きを読む
posted by AZZURRO at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

今季初のスコアレスドロー

セリエA 第37節
ジェノア 0−0 インテル

GK:ハンダノビッチ
DF:ラノッキア(77分→スペンドルホーファー)、カンビアッソ、バーザ
MF:スケロット、クズマノビッチ、コバチッチ、長友、グアリン(83分→ベナッシ)、アルバレス(60分→カッサーノ)
FW:ロッキ

フアンとペレイラが累積による出場停止で、キヴとジョナタンはケガで招集外でしたが、長友とカッサーノが復帰しました。


6分にフローロ・フローレスが打ってきたミドルシュートはハンダノビッチがセーブしました。
11分のボリエッロのヘディングシュートにもハンダノビッチが好反応を見せて失点を防ぎました。
15分のグアリンのミドルシュートはフレイにキャッチされました。
44分のベルトラッチのミドルシュートはハンダノビッチが横っ跳びでセーブしました。
51分のバルガスのヘディングシュートもハンダノビッチが抑えました。
58分にグアリンが放ったミドルシュートはフレイにセーブされました。
70分にカッサーノの浮き球のパスが相手に当たってペナルティアークの左にこぼれたのをロッキが左足ボレーで合わせたシュートはバーに当たってマウスを越えて行き、結局0−0のまま引き分けました。


ストラマッチョーニ:「精神力の面でポジティブな試合だった」(inter.it)

パーザ:「僕たち若手は与えられた機会を生かそうと努力している」(inter.it)

スペンドルホーファー:「家族、インテル、監督に感謝」(inter.it)

ベナッシ:「僕たちは試合ごとに良くなっていく」(inter.it)

ロッキ:「クロスバー直撃のあのシュートは残念だった」(inter.it)



ところで、ユベントスの05/06シーズンの勝ち点91(不正によりスクデットは剥奪)があたかもリーグ記録のように書いている日本のニュース記事がありましたが、これまでのセリエA最多勝ち点は06/07シーズンにインテルがマークした97です。
いつになったら再び連覇時のようなインテルが見られるのやら・・・。
posted by AZZURRO at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

アストン・ビラに逆転勝利 ランパードがタンブリング超え

プレミアリーグ 第37節
アストン・ビラ 1−2 チェルシー
得点
アストン・ビラ:ベンテケ(15分)
チェルシー:ランパード(61分、88分)

GK:チェフ
DF:アスピリクエタ、ケイヒル、テリー(77分→イバノビッチ)、コール
MF:ラミレス、ランパード、アザール、マタ、モーゼス(46分→D.ルイス)
FW:バ(87分→トーレス)


15分にチェルシー陣内のセンターサークルのすぐ外でボールを受けたベンテケにペナルティエリア内の右まで持ち込まれてニアにシュートを決められ、先制されました。
23分にマタからの裏への浮き球のパスをバがトラップしてシュートするもGKのグザンにブロックされました。
30分のFKでのランパードのシュートもグザンにセーブされました。
点が取れないまま前半が終わりに近付いていた45分にラミレスが競り合いで足を高く上げ、2枚目のイエローカードを受けて退場になりました。

続きを読む
posted by AZZURRO at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

ラツィオにも1−3

セリエA 第36節
インテル 1−3 ラツィオ
得点
インテル:アルバレス(33分)
ラツィオ:OG(22分)、エルナネス(45分+4分=PK)、オナジ(77分)

GK:ハンダノビッチ
DF:ジョナタン(31分→ベナッシ)、ラノッキア(53分→パーザ)、フアン、ペレイラ
MF:クズマノビッチ(80分→ガッリターノ)、コバチッチ、カンビアッソ、グアリン、アルバレス
FW:ロッキ


22分にカンドレーヴァのクロスにハンダノビッチが出るも触れず、ラノッキアに当たったボールがハンダノビッチにも当たって無人のゴールに転がって先制されました。
その後ジョナタンが肩を負傷して交代しました。
33分にペレイラからのクロスをアルバレスが頭で合わせて同点に追い付きました。
しかし、前半のアディショナルタイムにラノッキアがフロッカリを倒してPKを取られて再びリードされました。
53分にはラノッキアも負傷交代しました。
70分にグアリンがカナに倒されてPKを獲得したものの、アルバレスが足を滑らせてPKを外しました。
そして、76分にオナジにミドルシュートを叩き込まれて1−3で敗れ、6位以下が確定して来季は国内の大会に専念することになりました。


パーザ:「シーズン全体と同様にアンラッキーな試合だった」(inter.it)

ストラマッチョーニ:「信じられないほどの怒りが溜まっている」(inter.it)

ガリターノ:「あのシュートをセーブされたのは残念」(inter.it)

カンビアッソ:「ファンは分かってくれた」(inter.it)

フアン・ジェズス:「できる限りのことをやった」(inter.it)

モラッティ:「今後に向けて必要なのは大いなる安定感」(inter.it)
posted by AZZURRO at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。